*_*_*_*
高低差、約2m。迫力の階段と植哉部分。

道路と宅地の高低差が、約2mありますので、その立地を生かし、迫力のある外構をとプランしました。玄関へのアプローチは、余裕のある階段にし、片側は広い斜面の植哉帯にして、潤いと落ち着きを演出しました。斜面の植哉部分は土留めにもなり、構造物をつくるよりコストダウンにもつながります。門柱うしろにサイクルポート、駐車場は3台分のスペースを確保しました。
popup_340_255_ON

popup_340_255_ON

*_*_*_*

popup_340_255_ON

上の写真のサークル部分が、階段を上がりきった所。玄関へつづく、アプローチのワンクッションになってます。ここで、ひと息つけますね。サイクルポートの屋根部分そばに、エクステリアライトをつけて、階段の足下に注意していだきます。
popup_340_255_ON

popup_340_255_ON