popup_340_255_ON
広い敷地にふさわしい風格と、高低差をいかしたエクステリアプラン。
広い敷地のセミオープン外構です。東面道路で、宅地との高低差がかなりあります。門柱、カーポートは建物のそばに考え、東の敷地部分は、広い前庭、と云う発想でプランしました。道路から勾配でカーポート前まで上がり、門柱前の床サークルで、車をきりかえし入れる。門柱前の床サークルは、来客を意識して、床をインターロッキングで化粧したデザインとしました。ゆとりある奥行きを感じさせる、緑あふれるエントランスとなりました。

右の写真は、建物の南面の庭です。古枕木の立水栓が、玄関から庭へのワンポイントになってます。門柱はレンガで、内側へのアールになっており、ガラスブロックが入っています。ネームはローマ字のアイアンサイン。夜は照明でライトアップされます。袖壁も同じレンガでつくり、ポイントにスリットが入っています。エントランスの土留めは、御影石の棒状のものを、ランダムな高さに据え付け、変化をつけました。
popup_340_255_ON
popup_340_255_ON
popup_340_255_ON
popup_340_255_ON