角地という立地を、見せ場に。
東南の角地という立地と、玄関への動線も考慮し、しかも東、南、どちらから見ても印象的なデザインをとプランしました。アールの壁で、玄関へアプローチを誘導しています。スリットを入れて、庭への圧迫感を少なくしました。東側コーナー部分は枕木と植栽帯で、ややオープンな感じにまとめました。


popup_340_255_ON

popup_340_193_ON