IMG_2404

「駐車スペース」と「庭」をあえてはっきりと区切らない
 
図面
大変広い敷地を擁するN様邸、予算内で見栄え良く、且つご年配のお施主様のために車と住宅の位置関係にこだわってプランニングしました。
これだけ広い敷地だと道路に面したエリアを駐車スペースとし、その奥を住宅までのアプローチや庭とするパターンが取られやすいのですが、玄関から車までの距離がどうしても出てしまいます。
ご年配の方にとってはすぐに車に乗れることが思いのほか便利に感じますので、N様邸では図面の通り、駐車スペースが住宅の近くになるようにしています。

「エントランス」で高級感を演出
 
IMG_2407
末広がりのエントランスの脇を固める化粧ブロックは低めに抑えてコストを抑えつつも段を違えるなどして立体感を出しています。植栽スペースも多く取り、エントランスとしての高級感を演出しています。
植栽はサツキ、クロガネモチ、コニファーなど。


IMG_2406

 ナチュラルモダンな門まわり
 
IMG_2408
エスビックのそららで組んだ門柱。正方形のブロック目地がモダンさを感じます。ガラスブロックとの相性もばっちり。
整然と並んだアルミ柱のスリットは玄関への視線をさりげなく遮っています。また門まわりもエントランス同様、多目の植栽を配しナチュラルな印象を演出しています。


IMG_2409
アプローチはエスビック ソルンフォーフェンの石貼り仕上げ。周囲は砂利で仕上ているのでこのエリアに車が乗りつけても問題ありません。
IMG_2411
奥に見える物置も今回設置いたしました。