NATURAL GARDEN
 
ナチュラルテイストの広いテラスの施工と、そのテラスに見合う植栽工事をご依頼いただきました。
テラスには自然石のピンコロ(エスビック キュービック)を敷き込み、庭内の園路にはアンティークの枕木を使用しています。人工的な素材を極力使わない自然に近いお庭となりました。
高木類の植栽計画では、昨今倦厭されがちな住宅に近い位置に植栽する手法をあえて取り入れました。メリットは夏の日差しを遮り、的確な目隠し効果を発揮し、落葉すれば落ち葉の日の反射が室内を暖めるというこれまた自然なものです。上の写真左手の植木はメグスリノキで、足元はバークチップで化粧しています。
 
植木鉢は完工後に、植物好きの奥様が飾られたものです。センスが光ります。
奥に見えるウッドの柱も枕木です。お隣はまだ空き地ですが隣地との穏やかな仕切りとなっています。

枕木のオリジナル立水栓
 
良い味の出ている立水栓も枕木を加工してオリジナルで作ったものです。冬季の凍結がありうる宇都宮ですので水道管の凍結防止対策も施してあります。
このしっとりとした味を出すにはまわりの下草などの植栽計画も非常に重要です。下草にはツワブキ、アイビー、フユイチゴ、タマリュウなどを植え込んでいます。

趣のある園路
 
計算では出せない下草のはびこり方でなんとも言えないナチュラルな雰囲気を醸し出す園路に仕上がりました。画像右手の中木はジューンベリー、画像中央はアメリカハナミズキです。
 
門柱やアプローチは分譲時に施工されたものですが、画像右手の高木は当社で植えたシャラです。
アプローチまわりの鉢植えもやはり奥様がお誂え下さったものです。やはりセンスが光っていますね!